忍者ブログ
私が唄った「セカンドラブ」を友人に聴かせたら、
「真に迫っとるね~*気持ちが入っとるわー!」
と褒めてくれました。

その後に私が「この歌は良い歌だけど、
俺にとっては哀しい歌なのよ*
なんで、ファーストラブじゃないんだ」
そう言うと、
「ヤスユキはまだ青いなあ?
本当に女には奥手やなあ!
あのなあ、これは間違いなくファーストラブやぞ*

「へぇー!!!!!!!!!ほなアホな!」私は唖然*

「帰りたくない*と言えないんやから。
本当にセカンドラブなら言えるやろ!
酒飲んで酔ったふりしても帰れなく出来るやろ!
女は男よりも強かなんや。
男の味を知っとれば尚更やぞ。
シルエットロマンスなんて、そういう歌なんやぞ!

♬ あなたの唇 首筋かすめ 私の声もカスレテタ~♡

こんなこと言えるのは男の味を知っとる成熟した女だ」

話が飛びました!
戻します。


「じゃあファーストラブでええのとちゃうん?」

「分かっとらんのう?あのなあファーストラブをあえてセカンドと言っとるの!
作者の意図が解らんのか?
本当に付き合ったのが初めてやということ?
言い換えれば、本当にその男の人を深く好きになったということなんや*
あなたになら全部捧げてもイイ*そういう気持ちが解らんのか?」
と、半分呆れながら教えてくれました。笑

急に私は嬉しくなり「セカンドラブ」の印象が変わりました。
今までは、良い歌なのに、なんでセカンドなんやろう?
そういう気持ちで聴いていたからです。


今度は友人が質問しました。

「この詩を書いたのは誰や?」と。

「お姉さんの来生悦子さんやよ」そう教えると、

「すげーな!この人は女の悦びを深いところまで知っとる。
そうじゃないければ、この詩は書けん。
どんな恋愛を経験してきたんやろうな???」


私は言いました。
「シルエットロマンスは良い歌だけど、
大橋純子じゃない方がエエなあ。
やっぱ、来生たかおの方がドロドロしてなくて好きやな!
あのキツイ顔で唄われたら俺は引くわー!」

そう言いましたら、
またまた友人はこう言いました。

「確かにそやけど、ああいうキツイ顔の女の人の方が夜が情熱的なんだぞ!
だからシルエットロマンスにピッタリなんや!
ヤスユキはまだまだ青いのう?
ヤスユキは綺麗なままの真っ白やから仕方ないな!」
そう慰めてくれました。

女性の顔で解るって凄いなあ?と思いました。

クダラナイ話で申し訳ないです。おわり

https://youtu.be/Rgvc0hlfpVI
PR
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3
5 7 8 10 11
12 13 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
HN:
やすゆき
性別:
非公開
自己紹介:
愛知県で活動しているクラウドサッカークラブの運営をしています。
日々の指導の中で感じたことを綴ります。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]