忍者ブログ
たまにこんなことを言われます!笑
人間性を見誤って?
二十年の間に、三回くらいは言われたかなあ?


少年の目

練習中に間違えて私を「お父さん」と言ってしまうことがある!笑
中には「お母さん!?」と言ってしまい、
凄く恥ずかしそうにしてることもある!
可愛いですよ*

私は「おかあーさん???」と声を裏返して、
ビックリした顔を見せてみたり、
または、キモイ美しい声を出して、
「そうよ~私がお母さんなのよ♡」と言って抱きしめ様としますが、
飛ぶように逃げてゆきます*
「ちがーーーーう!」と、必死な形相で!笑


ヤンチャ

信頼は直ぐには築けません
まして少しヤンチャなら、
沢山の人に叱られているはずですから、
大人を疑う目をちゃんと持っています!
イイことです
だから時間が沢山掛かります


そんな子がスクール終了時、
急にみんなの前で
「やすゆき先生!お父さんになって」
そう言いました

どこで何かを感じていたのでしょう*
多分「このオッサン、ちょこっと頭おかしいけど、
面白いし、ぼくに悪いことは絶対しない?」
と思ったのかなあ?笑

いつか知らない内に

最初は、どこか捻くれていたり、
屁理屈ばっかり言ってたり、
人の上げ足ばかり取ってたりしても、
大人の接し方や厳しい真剣なやり取りを続ければ、
大抵は真っすぐな芯が出来てくると思います。
これは経験からです
もちろん全部がそうではありません
影響というものは、こんなことだと思います

私はみんなのお父さん

本音で言えば、男なんてターケでどうしようもない生き物ですから、
子供にとって父親は必ずしも必要はないと思っています
これも経験からそう思う

ライオンも虎も大抵オスは子育てしない
これは本能的にそうなっとるんです
意味がきっとある

しかし頭のイイ人間は理屈で理由を付けて
何かカッコイイ様にしてしまう

戻しますが、
お母さんが一生懸命ひとりで働いて育てた子の方が、
しっかりしている子が多い
人の痛みや社会性が身に付いている様に感じます

これも本音で申し上げれば、
お母さんが全部イイと言えない
それは母の目が離れることで、
後ろ盾のないところで、
自分が矢面に立って経験し、
自分の心の中で収めるトレーニングが出来るから

今の男性たちは、女性の負担を軽減させる為に、
育児をさせられていますが、
それによって何か良いことを子供たちに影響をさせているかと言えば、
そうは感じていません
誤解を恐れずに申し上げれば、逆に感じています

子育てをオスがやり過ぎると?
母性が強く出過ぎて変なメスになる!笑
オスが女性化すると、
細かくなり過ぎ、丁寧になり過ぎて、
面倒くさい人間になるのですよ*

女性の様な心細やかなサービスなんて、
世間でもてやされていますが、
あれは女性がやるから良いことになる?
やり過ぎもありますけど
社会の女性進出と、男女平等の為に戦略的にやっとるのでしょうが・・・

くどいですが、オスが子育てをやり過ぎると、
子供の心と、やることを小さく小さくしてしまう傾向が強い

子供が、もっと自分で経験しなければならないことや、
それによって解らなければいけないことまでも、
事前に危険だから、暴力はいけないから?
と言い先に親が解決してしまうからです

その影響で「心の痛み」と、「体の痛み」も感じずに体だけが成長する
心の痛みとはもちろん自分もですが、
他者のことが一番です
それが思いやりになり、優しさに繋がるのでしょう

言葉で優しくしてね?はい!優しい子一丁!
それはない

今の様に形だけ優しく育てても、
裏は意地悪だったりしてる
影で悪さをする様になってしまうでしょう

オスがメス化すると狡くなる

もう十年も前の話です
思い出しましたので話します

育メンとか言われ始めた頃ですね
ある時、体験をしたいのでしても良いですか?
と言われて、もちろんです!と答えたました


そして


叱って

悪いことをしたら、理屈ではなくて、
いかんものはいかんのや!それが大切です

認めて

叱ってばかりでは心がひねくれてしまうので、
何か自分で出来たら褒める*少しだけ
過剰な褒め方だと子供は媚びを売られていると感じ?
大人をなめてしまいます
子供に気を使っている様に感じてしまい、
これまたオカシナ心を育てます
機嫌なんて取らない!絶対に
そんなことを繰り返せば、
「僕がこうすれば、大人はこうしてくれる」
例えば、こんなことです

許す

ここが大事ですが、どれだけ叱っても、
あるいは、事柄によって日にちを置くことがあったとしても、
最後は許してあげないと心が死んでしまう
悪いことをして謝れば許すのとは違います
ここの見極めが大事ですね
悪いことは悪いのですから、それを認めてはいけません
こうだったから仕方ないで、すませてはいかん
「言い訳上手」にさせてはダメですね

「済んだことやで、仕方ないけどな!
もう絶対にするなよ*やったらどうするかわからんぞ!」と


ストレートな悪い言葉の裏側

建前上、言ってはいかんことはあります
しかし、現実はそうではないでしょう
はれのひの様なことだらけなんですから

だから敢えて子供たちに前では使います
疑う心がないと大きな穴に落ちて這いあがれなくなるから

キツク言っても優しい香りを出すこと

愛は、言葉ではありません  行いです
気持ちをどういう風に表すのか?
答え何かない 自分で気持ちがあればするだけです
それが嘘でやるのならやらない方がイイ


昨日のニュースで小学校の制服がアルマーニになると騒いでいました
本当にバカバカしい
校長の説明もアホでした

平和過ぎてアホになった

保護者や先生たちは、全部シャネルにしときなさい


PR
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
2
5 9 10 11
12 13 17
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
HN:
やすゆき
性別:
非公開
自己紹介:
愛知県で活動しているクラウドサッカークラブの運営をしています。
日々の指導の中で感じたことを綴ります。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]