忍者ブログ
少年補導の研修で家裁に行った時、
講師で来て下さった人

あちらにも立場があるので役職は控えます

神経質そうで、人間らしさや情、人の温かみが全く感じられなかった


非難しているのではない

少年犯罪を扱う人


ただ子供に何か教えたり、人の道を説くことは出来ないと思った


能面顔で蝋人形の様


たまたま休憩に、私はもう一人の愛煙家の方と、
ふたりでタバコを吸いに一階に行きました
時間になったので、
戻ろうとしてエレベーターに乗ったら、
家裁の方も乗ってきた

私とタバコを吸いに行ってた人が、
家裁の人に質問した

「あなたは、どうしてこの仕事を選んだの?」
と素朴な質問をした


その方は苦笑いを浮かべて、私たちの目も見ないで、
何も答えられなかった

降り際に一言「どうして?と聞かれても」・・・


私はある意味、正直な人間だと思った


子供を助けるつもりではやっていない


仕事なんです


仕事で子供を助けられますか?


無理


犬や猫の世話でも仕事では無理なんです*
PR
カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
1 3 5
7 8 9 11 12
14 15 19 20
21 23 24 26 27
28 29 30
最新コメント
プロフィール
HN:
やすゆき
性別:
非公開
自己紹介:
愛知県で活動しているクラウドサッカークラブの運営をしています。
日々の指導の中で感じたことを綴ります。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]