忍者ブログ
イギリスの植民地です

オーストラリアもアメリカも同じ

あとから来たイギリス人が奪った

国旗に記してある


ニュージーランドと聞くと思い出す映画がある

題名は「HEAT」ヒート!です

何回も観た

その中で、決して女を信じないニール役のロバート・デニーロが、
喫茶店で隣の席に座った本屋でバイトしていた女性と知り合います

この女性は大人しく寂しい女性だった

しかし、そんなことを知らないニールは、
警戒して、その女性をハネツケテしまう
でも、それが誤解と分かりニールは詫びて仲良くなりました

そして、女性はベランダでニールに家族のことを聞きます
「父親はいない 母親も消えた 兄弟もどこにいるのか分からない」

女性が続けて「寂しくならない?」

ニールは答えます

「俺は、いつも一人だ寂しくはない」
「君は?」


「死ぬほど寂しい」・・・


それを聞いたニールはグラスを置いて、
抱き寄せ激しくキスをする


こんな良い場面の前の会話に「君の夢は?」
「グラフィックデザイナーになること」
「あなたの望みは?」
「うん、いつかニュージーランドに行き、
光る海を観て見たいんだ」と言う

「ニュージーランドの海で、一年に一度だけ海の藻が浮かんで、
海が光るんだ!」

私は、自分にどこか同じモノを感じているのか?
共感しているのか?解りませんが、ただ好きなんです*
人間の本質に歯向かって生きている様に観えます

この映画は、寂しさと激しさの意味を教えている?  
孤独とは何かを・・・
どうして激しくなるのかを・・・

そんなモノを観させてくれる映画でした

今も持っています


https://youtu.be/WP7iB71fDO4


今夜、また観ます*また違った見方が出来るかも知れない


犯罪の映画ですが、共感を覚えてしまうのは何故だろう?

大抵は幼少の頃の貧困だったり、不幸な境遇が多い

本当のワルは自分の手を汚さない
捕まらない様にやるのが本当のワル!
どこの国の人間でも同じ

悪い奴を利用するのが本当のワル


ヤラシイ合法とか、法律スレスレで荒稼ぎしとる奴から、
ブンドリタイと考えるニールを応援してしまう自分がいる


PR
NHKで流れていました

私も実際にそういう施設に行ったことがある
暗い少女の姿が忘れられない*

お母さんに階段から突き落とされ骨折*
放置されたので腕が曲がったままの少年*

まるで少年院だった

テレビの施設長が語った
定員オーバーなので受け入れを断っていると・・・

助けられない国

人が足りない?と言う

私は頭が悪いのだろう?
何をおっしゃっているのか理解できなかった

「人が足りないという理由で、
虐待され殺されるかもしれないという子供を救えない?」

何言ってんだ!!!




窓は少ししか開かない部屋*囚人か!
親からの保護なのだと言う?

保護って何や?動物保護と同じなんだあと思った
保護して殺処分



こんな所で保護?刑務所で保護する日本は変な国
悪い国

廊下は刑務所の様に扉が

監禁状態

保護しとるのに保護してなく、
監禁している


不幸に追い打ちを・・・




子供たちに「命」の話をしました

「長生きしたい?」「ウン!」

「150歳まで生きたい!」「僕は200歳!」

そんな答えばかりでした

それを聞いていて「グリーンマイル」という映画を思い出した

その内容を掻い摘んで話しました

不思議な力を持つ、ある黒人の大男が刑務所に連れられて来た

それは死刑になる為に

二人の少女を殺した罪で(もっと酷い内容ですが伏せました)

でも本当は、その女の子たちを助けに行って、
死んだ子を抱きしめていただけなのです

その黒人の大男は殺していないのです

殺したのは白人でした

しかし、その大男は自分が無実だとは言いませんでした

何故か?と聞くと

「も~沢山だ!人間は酷いことばかりする、
こんな酷いことをする人間の世界には、もう俺は生きていたくないんだ*」

そう言いました

しかし、その大男は自分を助けようとしてくれた看守!(トム・ハンクス)
刑務所で働いている善い人の手を握り、
不思議な力を与えました


その力とは「死なない力でした」


そして何十年も時が経ち、当に百歳を過ぎていました
その看守は言いました

「家族も友達もみんな亡くなってしまった」
「誰もいなくなった」


「死なないことは辛いことなんだよ」と・・・




この話の後で子供たちに、こう言いました

ただ長生きしても、それは辛いことになるだけ

自由に歩けて、走れて、体が動かなければ幸せではないと思う

ただベットの上で息をしているだけなら嫌じゃないか???


だから皆は先ず強い体を作らないと・・・
楽しくやりながらね*
心も健康に
悲しみは雪の中に眠るの中に
「懸け橋になって~」とあります

中国では「山口百恵」さんが大人気だった

赤い疑惑というドラマのお陰で


日本では、中国や韓国、
朝鮮民主共和国のことを悪く言う人たちが沢山いる
マスコミの報道や教育でそうなっている様な気がします

このアランさんは中国の方、山口百恵さんは日本、
韓国では誰でしょう?
エーピンク?笑 個人的に「NONONO」が好きなもんですから!
かわいい

最初は誰の歌なのかも知りませんでした
日本のグループだと思ってた

明るい歌で踊りも可愛い

どこの国の歌手でも拘りはないので良いのですけどね*

「♬ 何とかで来て~♡ 何とかで来て~♡」

私が無意識に口ずさむと若いスタッフはバカにして笑います

「すぐ行くもんで~!」と・・・

ばかでしょう!笑

https://youtu.be/h1LoXpCYNZQ


今は、tuwaisu?でしょうか?

歌手たちが4国の懸け橋になって仲良くなれれば良いなあと思います

政治家たちではダメでしょうね

自分が選挙で受かる事しか考えてないから

批判されるのが怖いのか?

拘りを捨てて、みな同じ人間だと思えば許し合えるのに


個人的に「こんな悪い奴は許せね~!」
という奴はいますけど・・・笑

https://youtu.be/BS_df0okQMs


生の歌は違う
夜中に聴いて心に沁みました

本当にこの歌手はウマい
人間性がにじみ出ている
情景が浮かびます


あの女の子ふたり

見せかけで生きていたのではないか?

良い子に見せなきゃ?

イイ家族に見せなきゃ?

学校でイイ子にしてなきゃ?

本音で話してくれたり、話せる大人がいなかったのでしょうね*

環境 出会う大人で世界がガラッと変わるものです


私には、校長先生や、教育委員会の人の言葉よりも、
目で解かりました
情が感じられなかった*保身だけ

人って怖いなあと感じた
薄ら笑いって*私には出来ん



また、今日もお母さんに虐待され子供が亡くなった


https://youtu.be/b10Gai0E6U4



歌詞の中に「季節外れの雪が~」とあります

今、その季節外れの雪が外に降っている

奇遇に感じます*

ひらひらと綺麗な雪・・・




見せかけの歌ではない  本物 

穢れのない心

天使の歌声アラン

穢れのない命をどうして
カレンダー
02 2019/03 04
S M T W T F S
1 2
3
11
17 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
プロフィール
HN:
やすゆき
性別:
非公開
自己紹介:
愛知県で活動しているクラウドサッカークラブの運営をしています。
日々の指導の中で感じたことを綴ります。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]