忍者ブログ
自転車

昨日、大塚公園でスクールの準備をしていましたら、
道路から男の子の泣き声が聞こえて来ました!
小さな声でシクシク
二人連れの子供たちが肩を落として自転車を牽き歩いていました
二年生か三年生くらいです
私は声を掛けました
「泣いとるのか?」
「どうした?」と・・・

男なら泣くな!

どうして泣いているのか聞きましたら、
よく分からないことを言いました
誰かにやられたとか?と・・・
自転車を見るとチェーンやギヤに、
何重にも縄跳びが左右にキツク巻き付いてタイヤが動かなくなってました
私は「こんなことで泣かんでもええ
泣くことやない!」
と少しキツ目に男同士として言った
それでも泣き止まないので「男やろう!泣いたら恥ずかしいぞ*」


私に反論した少年


そうすると「その子はキッと私に目を向け、
男も女も関係ない!
この自転車は高いんだぞ~!」笑
と言い返して来ました

高いか安いかは問題ではない!笑

その時私は感じた、この子は、きっと家庭や学校で
「畏れ」を教えてくれる人がいないんだなあ?
可哀想やなあと・・・

物を大切にすることは大事です
しかし、もっと大事なのは「人を大切にすること」ではないでしょうか?

他人?年上?大人?
「畏れ」がないことは怖いことです
自分勝手にモノを考え、自分の都合だけで動き、
人をもてあそび、いつかきっと自分に跳ね返ってきて不幸になるのです
誰も相手にしてくれなくなります

反論を言えることはイイことです
しかし、何の罪もない人に?
いや、自分を助けようとしてくれてる人に畏れがないのは、
自分が嫌な人間に自らする行為
気が付かない内にドンドン他人を思いやれない人になって行きます
また、それに気が付かずに生きてしまう
人は人の想いが通じた時
幸せを感じる
それがない人生では空っぽの人生を歩む
虚しさしか残らない

泣いてイイことと泣いてはいけないこと

私は自転車を直しながら言いました
「じゃあもっと泣きなさい!
泣いて自転車が直るなら泣きなさい」
「こんなことで泣くなんて女に笑われるわ~!」
そう言いながら直していました
子供たちが自分たちで何とかしようとした跡が私には見えますが、
そこが子供です
逆によけい難儀なことになっていました
あちこちグルングルン巻き!笑
ちょっと女性の力や子供の力では無理だったでしょうね
縄跳びの柄まで食い込んで動かなかった


違う少年が「ありがとうございます」

5分ほどで直りました!
「ほら、直ったぞ!泣かんでもええやろ!」
と言い頭を撫でました!
「じゃあ気を付けてな!道路の真ん中走ったらあかんよ」
そう言うと「うん!」
何も言わないかなあ?と思いながら私が歩き始めたら、
その当人の友達が凄い笑顔で「ありがとうございました*」
と言ってくれたので、
私は大きな声を出し「おお~!
あなたは偉いなあ」と褒めました

褒めた訳

それは自分のことではなく、
友達のことでお礼が言えたからでした
本当に偉い

遠くから

しばらくすると良心の呵責が痛んだのでしょうか?
反対側の遠くから声が聞こえました
友達に何か言われたのか?
さっきは照れ臭かったのか?
解りませんが、その子が大きな声で
「ありがとうございました」
と言ったのです

私の方が涙が出ます!
「女に笑われるぞ~!」笑



ゆく末に幸せを祈って

男は子育てには向きませんが、
大事な所では必要になります
それは「恥ずかしい自分」を思い知らせる時です

女には出来ないこともある
女は賢い余り執着し過ぎて、いつまでもさっぱり出来ない一面がある
正しければどこまでも追及し、決着させなければ気が済まない
でも、世の中はそれでは渡っていけません
自分が正しくて、相手をコテンパンにやっつけても!
理屈で言う正義を通しても、恨みが残る?禍根を残すことになるのです
ほどほどにしておかないと、しっぺ返しが待っている
今は男でも細かい女性の様な男が多くなって来ていますので、
変な事件が多いのかも知れませんね?

男なら、どうしようもないことをくよくよせずに
仕方ない!しょうがない!キリがない!
そう諦めて違う方を向いて歩く

子供たちの後ろ姿

女の子と合流して楽しそうに帰ってゆく姿が良かったです



人との出会いは「運」なのかも知れません?
その人に出会って良かったのか?
悪かったのか?

偶然は必然と言いますが、
大事なことは、それをどうやって育むか?
ではないでしょうか?
みなさんは、どう思われますか?
PR
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
4 6
7 8 9 11
14 16 18 19
21 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
HN:
やすゆき
性別:
非公開
自己紹介:
愛知県で活動しているクラウドサッカークラブの運営をしています。
日々の指導の中で感じたことを綴ります。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]