忍者ブログ
今、多治見署で霊媒師と戦っています!
どうなるのか?は分かりません。


昨日、武術の子供たちに「宗教」の話をしました
みんな真剣に聞いていました

何故そういう話になったのか?
それは私の指導上のことからでした

新しく入ってきた子がパンチを手だけの力でブンブン振り回していたので、
ある程度のところまで来ましたから指導しても良いと考えました!

初めからああだ!こうだ!と言っても身に付きませんので待っていました

指導者は偉そうに教えるのではなく、
経験して上手く行かないと自分が認識を体で解るまで待ってあげることが必要なのです

こんな話をしました

例えば5個のことを体が覚える必要があるものがあるとしよう
しかし、いきなり五個を伝えたら何も伝わらない!
これは大人だって同じなんだよ

だから一つ一つのことを丁寧に丁寧に時間を掛けなければなりません
一のことを教えた!例えば、キックを教えた時には、
足だけで蹴るのではなく、手も使いながら、全身で蹴ること!
また手でパンチやキックをガードすること!

何か月かして、今度はパンチを教えた!
パンチも同じで手だけで打つのではなく、足も動かしながら、
前に体重移動させながら打つようにする!

そうするとどうなるのか?
過去の稽古のことは飛んでしまい、一のことを忘れてしまう!

だから稽古は簡単ではない

人間の体と心はそんな簡単なものではないんですよ?

時間と努力と経験

例えば、それでも出来ないことはある

でも私は「一生懸命にやっていたら、出来なくても90点はあげたいと思う」

どうしても出来なかったら、違うやり方をすればイイだけのことだから*


例えば、パンチやキックが上手になれなかったら、
柔術やレスリングの技を磨き、
倒して寝技に引き込めばイイ

柔術が苦手ならパンチやキック、
合気を磨けばイイ

出来ないところに留まらなければイイだけの話

戦いの中で、相手の心を読むというものがある

こちらがどう動いたら、相手はどう動くのか?
相手がこう動いたら、どうするのか?
同じところに留まってはいけないのです

こうやって皆に偉そうに話しているけれども、
私だって間違いはたくさんあります
だから全部信じてはいけません
出来るだけウソとか自信のないものは言わない様にしているけれども、
それでも信じてはいけない

自分が試してみて感じたことが本当の真実なんだよ

大人になると人を騙す人間が沢山出てくるだよ

宗教はその一つ、良い宗教もあるのだろうけど、
教えは立派でも、宗教戦争をしている!
異教徒だとイジメている

本当の神様は自分自身の中にいる気がする解らんけどね

私は宗教で殺し合う意味が未だに解らない

信じるものが違えば殺しても良いのか?

霊で人を信じ込ませる悪い人もいる

みんなが大人になった時、今の私の話を思い出しなさい


全部、自分が信じたものが正しいものではない
自分も疑いなさい

生きるとは、
何かに頼らなくても生きて行けるのが「自由」というものじゃないかなあ?


みんな真剣に聞いていました





PR
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 3 4 5 7
8 9 14
15 16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
HN:
やすゆき
性別:
非公開
自己紹介:
愛知県で活動しているクラウドサッカークラブの運営をしています。
日々の指導の中で感じたことを綴ります。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]