忍者ブログ
昨日、少しだけテニスのニュースを観ました!

スポーツ選手のヘンテコな涙は観たくないものです

観る気も起らない変な試合と観客

良かった!観なくて!笑

最近は、どんなスポーツの試合を観ても、
始まりから最後まで観ることがなくなりました

ナオミさんが優勝したとか?

テニスって、ラケットに八つ当たりするのが流行りなんですね!
ラケットが可哀想です*
何の罪もないのに?
自分のプレーが悪いだけ!

人のせいにするのが今の人間ですから、
物にも当たるのでしょう

女性のああいう姿は、もの凄く見苦しいし、
汚く映ります

イヤーな本性が見える


まあ、時代を象徴していませんか?

どこが紳士淑女のスポーツなのか?

昔なら「マッケンロー」が暴れていましたね

プロレスか、ボクシングをやればイイのに?

少し前なら「ヒンギス」

審判に文句を言うのが、
スポーツと勘違いしてないか?

審判は冷静でしたね!偉い

私が審判なら頭に来てしまい、
きっと失格にすることでしょう

「嘘つき野郎」と、皆の前で侮辱れたら絶対そうなります!笑

「なんだと~!じゃあ、あんたが審判やれ~!」と・・・私はイカンデスネ

選手もそうですが、
アメリカの観客にも驚きました!
なんじゃこの人間ども!酷過ぎる!


さすが、アメリカファースト*



皆さん「コーチング」の意味をご存知ですか?

コーチングというモノは、練習の時にするものなのです

試合中は「黙ってろ」

お互い個人の個人の力だけで戦うから良いのに、
外野がうるさ過ぎる!特に今の日本は

選手に、あれやこれや!本当にやかましい

監督ずらして 親も、どや顔で指示する!?
アドバイスになっていない

恰好を付けてね!恥ずかしい行いです



昨日の試合のやり取りは完璧に「コーチング」です
おそらく引いて受けろ!という合図!
コーチも分らない様にやっていた


コーチは外にいなさい!笑



他のスポーツも、試合中のコーチングは禁止にして欲しい


昔、モハメド・アリさん対アントニオ猪木さんの試合で、
アリ陣営のコーチたちが、猪木さんの強さを恐れて、
「こうしろ!ああしろ!」と、
ヤカマシイくらいのアドバイスを送っていました!

あまりに指示が、うるさいのでアリさんは、
自分のセコンドにキレて、
戦いながら「黙れ!シャラップ!俺の試合だ!自由に戦わせろ!」
と本気で怒ってました!

本当にそうですよね*
じゃあ、お前が戦え~!となる

しかし、猪木さんの方は、というと静かなものでした!
アドバイス?コーチングする人はいなかった


なんでか?

猪木さん以上の選手は、いなかったからです!
誰も指示は出来ない!笑

だって世界一強いから


選手は、戦いの最中に色んなことを言われても、
混乱して上手く行かなくなるものです


本来の監督、コーチがコーチングを、
どうしてもしたいのなら、
良いプレーに対して褒めることくらいじゃあないかなあ?
と思います

選手は、どんな場面や局面でも、それに対応できるように、
練習しておくことですね*
それを補佐するのが監督とコーチ

試合はもう任せないといけない

誰の為の試合なんですか???



サッカーの中で一番やめて欲しいこと!

それは、PKの蹴る前の声掛けです!
監督や特に親が多い
声を掛けたくなる気持ちは理解しますが、
あれが、一番プレッシャーを与えてしまうのです!

ただでさえ、緊張する場面なのに、
「落ち着け~!」「力むな~!」「決めろ~!」

その言葉で選手は、硬くなり外してしまう*

最低な声掛けです*

黙って祈ってあげて下さい!笑




PR
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
2 8
9 10
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
プロフィール
HN:
やすゆき
性別:
非公開
自己紹介:
愛知県で活動しているクラウドサッカークラブの運営をしています。
日々の指導の中で感じたことを綴ります。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]