忍者ブログ
昨日、漢方薬の店に行きました

歩いて行く道筋で一人のおばあさんとすれ違いました
電信柱があるので歩道が狭い
だから「お先にどうぞ」そう言って挨拶を交わし、
すれ違った

なんと帰り道、そのおばあさんがさっきの電信柱の付近で、
寂しそうに空を眺めていた

あまりにも寂しそうだったので声をかけました
「空に何か良い物でもあるんですか?」と・・・

すると「あのマンションに私は一人で住んでるの、
その自分のマンションを見てただけ」

「そうなんですか」

私は想像してしまいました
どんな心境で自分のマンションを眺めていたのかを・・・

続けておばあさんは,
こんなことを言いました

「マンションでは誰も近所付き合いがない
話し相手がいない
前住んでいたところは、近所にみんな知り合いがどこにもいてね、
話が出来たんだけど*
ここには何もない
前住んでいた所の家を直すと一千万かかると息子に言われた
だから息子が、ここのマンションを探して来てね
住んでるの

でも私が居なくなったら、
このマンションを売って自分の物にしようと考えているのよ」

ナントも言えない気持ちになりました

想像したものに近い話だったから・・・


聞けば息子さんは、私と同じくらいの歳で
ふたりもいるそうです

「二人ともみんな各々自分たちの家にいて・・・」


話し過ぎていますので、ここまでで止めておきます

「なるべく外に出ましょうよ!良い人もいますから」

「そうやね」

「私なんかと喋ってくれてありがとうね*
今日は少し元気になったわ」

あとは言葉にできません

挨拶をして別れました

また会えますように*

そして、クラウド学校に住んでもらえますように***

PR
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2
9 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
HN:
やすゆき
性別:
非公開
自己紹介:
愛知県で活動しているクラウドサッカークラブの運営をしています。
日々の指導の中で感じたことを綴ります。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]