忍者ブログ

https://youtu.be/Cg304xv3OHA



こんなことを話すには結構、自分のことをさらけ出さないといけないから、
躊躇する?恥ずかしい

私の幼少期は「父も母も」知らなかった

抱いてもらった記憶がない

二年生くらいになると父母が分かる様になった

また子供同士の情報交換で色んなことを知りだした

「誕生日」「クリスマス」?

他の子供たちは親から何かプレゼントを貰っていた

俺にはなかった
飴玉一つなかった

私の他の兄弟は親から誕生日、クリスマスにプレゼントがあった

僕はない

そのことの不平も言ったことがない

今度こそは?今年こそは、と待ちわびて待ちわびて、
何年も待っても一度もなかった

その内に5年生くらいになると悟り諦めていた

早く過ぎてしまえ!そう思っていた

今の私が、その頃の自分に会えたとしたら、
きっとこう教えただろう


「お前の本当の父親は、今の父親だけれども、
父親自身は、母を違う男から奪った為に、
重複していた時期があったんだ
だからお前は自分の子供だと思っていない

お前は父親から憎しみの対象になっている*
母や相手の男に対する嫉妬に苛まれていて、
お前に酷い仕打ちをしているのだ
相手の男とお前は同一なのだ
それが暴力になっている

だから一日でも早く大人になり、この家から出ろ

そうしないとお前は生き地獄の中で苦しまなければならなくなるぞ*

早く出ろ 早く離れろ

こんな家族は、お前が思うほど温かくはない

我慢していれば将来もっともっと悲惨な目に遭うぞ

ゆがんだ家族に縛られて、
お前がいつも夢に見ていた
お前の希望?
だれよりも愛する人と一緒に暮らすなんてことは出来ないだぞ!
結婚すら出来ないよ

だから勇気を出せ 断ち切れ*

お前には親はいないんだから

そうすれば自分の人生を歩むことが出来るんだ

だからさあ*一日でも早く!

親や誰かの言うことをマトモに聞いてはいけない
みんな騙してお前をうまく使いたいだけなんだ

騙されるな 同情するな 優しくなるな

近所の人たちや、親戚、兄弟はみんな知っていて、
お前を騙し続けているんだ

誰も信じてはいけない


「今の俺」が、もうひとりの俺に会えたなら、
必ずそう伝え助けることでしょう


両親の愛情を全く受けて来なかった俺は、

純粋で無垢な愛情に飢えていた

心から信じられる愛情が欲しかった

でもこんな俺と一緒になれば、どんな素敵な女性が来てくれても、
俺の不幸に巻き込ませてしまう

それが怖かった 本当に怖かった

自分が、どうすれば良いのか分からなかった


少しのことで大きく傷つき 


少しのことが俺を俺でさせなくしてしまう怖さ


今想えば、仕方がない 

後悔なんて誰しもある

受け入れるしかないと、もう一人の俺に言うのだろう

叶わぬ夢を秘めて生きてゆくしかない

思うのは唯一の「自由」があるのだから

PR
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2
9 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
HN:
やすゆき
性別:
非公開
自己紹介:
愛知県で活動しているクラウドサッカークラブの運営をしています。
日々の指導の中で感じたことを綴ります。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]