忍者ブログ
「桃栗三年柿八年」と申します

本当でしょうか?

例えでしょうね???

実家の家の渋柿は毎年生っています
八年で成熟したからでしょうか?


もう年を取り過ぎて、朽ちているのに、
その根からまた新芽が出て来て、
直ぐに実を生らす!

凄い生命力

人間や動物よりも、植物の方が優れている気がします


人間の諺ですから、これも人間に教えているのでしょう?

何事も年数がかかりますよーなんて!
直ぐに出来ることなんて知れてますよ?かなあ?


男の仕事で言えば5年あれば何でも対処できる様になるかなあ?

人にもよりますね

出来る人なら三年でやれるのかも知れません

私は十代の陶器の仕事で、半年ですべての商品の名前、
おいてある場所、品質の良し悪しが分かる様になりました

別に優れていたわけではなく、働くことが好きだったからでしょうね


今の人たちみたいに、仕事を選んでやらなくても、
何でも興味を持ち働いていましたから


今はこれは嫌だ!こんな仕事はしたくない!
不平不満が多すぎます

人の涙で金儲けしていなければどんな仕事でも価値があり、
生きがいを持てます


大きな特殊機械の建設作業機械の運転は、
三か月で覚えました


教えられなくても感性だけで!笑

人には向き不向きはあるようです

みんなびっくりしていた


「もう乗れるの?」笑

桃栗三か月!

PR
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2
9 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
HN:
やすゆき
性別:
非公開
自己紹介:
愛知県で活動しているクラウドサッカークラブの運営をしています。
日々の指導の中で感じたことを綴ります。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]