忍者ブログ
「武術」ってどういうものですか?
と、よく聞かれます

私も「はっ!」とします!笑

何だっけ???

表面的には、命を懸けた戦い?自由に戦う?何をしてもイイ?

精神的な部分は何かなあ?
と考えると、宗教の元ではないか?と考えます

真の自由とは何でしょうか?

宗教や教祖、先生を寄り所にしていれば、
それは自由ではない

自分の頭で考えていない証

本当の自由とは厳しいモノです
誰からも束縛されず、自身で判断し、行動するから
何かあっても、自分で解決し誰かのせいに出来ない

大変なことが起きても、信仰しているから「これだけで済んだんだ?」なんて!
そんな慰めもないのです
武術には*


武術と宗教の違いは偶像崇拝や神様的な人は無い
ただ神は自然や他の生き物だと思うことなり!

宗教では、一種、洗脳的な部分がありますが、
武術は、もっともっと単純です
人間の?人の心を育むモノだと思います
生きる基軸?人の支柱です!
柱ですね

悪を嫌い 善を行う

宗教は戒律や風習?行事ごとがありますが、
武術では、個人個人は全く自由で、何も縛られることは一切ない

朝原もやってましたよね!
自然の中で宇宙と交信して、
空に向かって手をかざして妙な動きをしていました

完全なマヤカシです!
人を騙す?コントロールする手法

武術は、そんな大袈裟なものではないのです


武術では神様や指導者を信じさせません
常に指導者を疑わせます

一応、神棚には礼はしますが、
あれは自分を誰かが観てくれていると様に思わせる仮想訓練?
自分の心を見つめる為に行います

武術というのは、己の体験と感性に問いかけながら稽古します

全部答えがあってない様なものですし、
ある技が出来ても、それで終わることではない
延々と続く
自分流が必ずいるのです
上には上が常にいるのも真実ですからね

「武術は己を開放し、衒いを捨てさせ、
拘らずに生きること」と言えるのかも知れませんね

本当に単純なモノが武術だと思います


また、一面的に見れば武術は「ケンカ」です
厳しいですが「負け」は死を意味します
何でもありなのが武術

本当なら目潰しも!金的も良いのです
反則がないのが武術

体術との言い方もあります
殴って蹴って、捻って伸ばし、投げて倒し、押さえて絞める!

若い人は「総合格闘技」なんて直ぐに言われますが、
私はいつも???です

そうやって区別すること自体オカシイ
戦いに空手も柔道もレスリングもない

戦いは戦いなのです


この技術を習得して、相手に大きなケガをさせない様に「参った」と、
言わせられる様に稽古するのが、
クラウドの武術だと私は考えています


教えるとは教えないことも含んでいます

強さとはなんだろう?弱さとはなんだろう?


そう言えばこの前、幼児の子がいつも私に「オシッコ」と、
言うと一緒に連れて行ってたのに、
今は「オシッコ!」と言うのですが「自分で出来る」
そう言い一人で行きます

それを私が頼んで、大きい子が走って、
見守りに行ってくれています

弱きを知って、守れる人間になってもらいたいものです
PR
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2
5 6
11 14
20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
HN:
やすゆき
性別:
非公開
自己紹介:
愛知県で活動しているクラウドサッカークラブの運営をしています。
日々の指導の中で感じたことを綴ります。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]