忍者ブログ
いつまでも若くて元気で*

そんなことはありませんね
猪木さんは杖をついていました

悲しいお姿だった

政界を引退する

世界に誇れる人間は猪木さん

しかし、日本の人たちからは、そうは思われていない
特にインテリ層や、偉い人たちからは*

猪木さんに言わせれば、
世間に認められるか、どうかなんて気にしていない
そんなことは、どうでも良いことだとおっしゃるでしょう

猪木さんが政界に出て、最初はバカにされていました
スポーツと政治は関係ない!と・・・

でも猪木さん以降、
次々に出てきたましたね!
ヤワラちゃんとか、スケート選手とか!
今はスピードとか、三原じゅん子さんとか!!!

言うことは全く同じでお決まり文句
女性票が欲しいのでしょうね
「子育て支援」「無料化する学校」「医療の無料化」
「育休」なんとかばっかです

その裏側の本音は、当選する票も欲しいが、
人口も増やし税金も沢山取りたい
議員が減らされない様に、給料が減らされたくない
議員の安住の地?
議員の職が、
自分たちの年金みたいなものと考えているのでしょう

思想も心情も、信条も、真情もなく、
勉強をする意思もなく、
外国の関係を良くする様な仕事をすることもなかった

先生という立場を手に入れたかっただけ



猪木さんは違いました

ジャーナリストの猪木さん評です

「猪木さんは、スポーツ選手が政治家に転身する先駆けでした。
猪木さんが当選して以降、
各党が客寄せパンダとして、
スポーツ選手や芸能人たちを擁立し始めました。

その後続のタレント政治家と猪木さんが違うところは、
大政党の後ろ盾がないところです。
この様な政治家は、もう現れないでしょう」

私、ヤスユキは、こう思います
「猪木さんは、自分から敢えて苦しい所に身を置き続けました
演説で国民受けする様なウソや、
聴こえの良い立派な事を言うこともなかった
何かあれば、先ず、その現場に行き事実を知ろうとしました
情報を鵜呑みにせずに、自分で目で確かめていました

情報にコントロールされない
されてはいけませんね*
私も常々気を付けています

猪木さんは、相手の話を中立的な立場から十分に聞き、
批判することもなく真正面から向かい合っていた
根回しはない
相手の話を聞くだけでなく、
自分が言い難いことや、相手が怒りそうなことでも率直に話し、
本音をぶつけていました
そして、仲良く歩み寄れる環境にして、
信頼関係を結び、日本に、いや世界に貢献した

また自分には厳しく、周りには謙虚であり続け、
自分の欲を捨て、公の人々の為に戦い働き続けた

人間として理想のスポーツ精神を体現した稀有な人です
こんな人間は、もう現れないでしょう」

トルストイ、ガンジー、マザーテレサ、アントニオ猪木


私が若いとき、猪木さんとの小さな共通点を見つけて、
嬉しかったことを思い出しました
それは「トレーニング」についてです
取り組み方が少し似てたから

毎日、鍛える鍛錬は辛い物です
同じことの繰り返し

例えば、腕立て伏せ、腹筋、スクワットなど・・

猪木さんが、トレーニングについて質問を受け、
こう述べられていました
「毎日のトレーニングはキツイですけど、
俺たちはプロだから仕方ないこと
だから毎日走り、日々の生活の一部として、
縄跳び、腹筋、腕立て、スクワットを行っていた

他の選手たちは、辛さの余り、回数を誤魔化したり、
短くしたり、時間調整をしていたが、
俺はしなかった
ワザと倒れて限界だとやめたりする人たちもいた

他の選手は、そんな風に賢く手を抜くことをしていたけれども、
俺は、そういうことをしたことがない
人間は、そんな簡単には倒れないものだ!」
このあとの話は忘れました


私の場合は、ズルするのが嫌だから、数を忘れたら、
もう一回余分にやるとか、もう一度初めから数え直していました
自分の為にやっているのだからね*

辛いならいつでも止めれてしまうのが個人トレーニング
やってもやらなくてもイイ
私からすれば、
そんなに辛ければ、その競技自体を止めればイイだけのこと

でも、そこで誤魔化したり、
ズルをすれば精神力は鍛えられないと思います
見かけは強そうでも、心が折れれば負けです

早く一発で仕留められれば、それでも良いですけど、
そうではないとき、この精神力がモノを言うと思うのです
あと気迫が違ってくると思いますね*


本当のトレーニングとは、毎日欠かさず行う
歯を磨くように、食事を摂るように!
トレーニングが生活の中に?
いや一部として当たり前になってこそ、
本物のトレーニングになると思うのです


一人で行うトレーニングは孤独です
誰も観ていません
でも、そこでどれだけのことが出来るのか?
まさに自分との闘いなんです

監視されたトレーニングとは次元が違います
見られていれば、見られている時だけ頑張れるでしょう?
情けない考えだと思われませんか?
辛い顔を見せて、アピールするのか?
トレーニングは同情されるものではない

サッカーの練習も野球の練習も、今は長時間が主流です
私は間違っていると思います

子供の集中力何て一時間か二時間が限度でしょう
それ以上やれば故障してゆくだけ

あとは自分自身の努力に任さた方が良いのです

やらされる練習より、自分でやる練習の方が質がイイに決まっています

自分一人のトレーニングなら8時間でも10時間でも関係ない
誰も観ていないところで


見せる練習なら、やらない方がイイ*

何の為に練習するのか?
親の為?コーチの為?カネの為?

自分の為でしょう

猪木さんのトレーニングの取り組み方は、
猪木さんの生き方を表していると思います

私はよく似ていてもこんなに深くはない
ただ誤魔化すと、
自分が嫌になってしまうからやらない!
ただそれでけ*笑



https://youtu.be/g7l67VKDL8w



https://youtu.be/BvmqYM1xpZA


猪木ボンバイエ!今は哀愁が漂い悲しく聴こえる

まだ元気の良い時の猪木さんを最後にどうぞご覧ください


https://youtu.be/EpX8lMdT7N0


ずーと生きていて下さい







PR
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 4 5 6
9 11 12
14 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
HN:
やすゆき
性別:
非公開
自己紹介:
愛知県で活動しているクラウドサッカークラブの運営をしています。
日々の指導の中で感じたことを綴ります。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]